プリウスマニア総合掲示板 プリウスマニア総合掲示板

■ この掲示板は、ハイブリッドカー「プリウス」を愛する皆様による善意の投稿で成り立っております。
■ 掲示板利用の際には掲示板ご利用規約を必ずお読みください。削除要望、掲示板に関する御意見は
こちらへ

掲示板仕様変更のお知らせ:投稿者のメールアドレス記入が必須となりました(非表示可能)

他掲示板 => 総合 | α | 3x型 | 20型 | 初代1x型 | アクア(c) | PHV,EV | オフ会 | アフターパーツ | 要望提案 | 燃費
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
276 / 368 ツリー ←次へ | 前へ→

[記事表示] PHV仕様ー4 HV 11/11/5(土) 21:56 オヤジ

Re(3):PHV仕様ー4 リチウムイオン電池の耐久性 かじ 11/11/6(日) 22:22 青プリ
Re(4):PHV仕様ー4 リチウムイオン電池の耐久性 さとう2 11/11/7(月) 11:00 おじさん
Re(5):PHV仕様ー4 リチウムイオン電池の耐久性 かじ 11/11/7(月) 14:14 青プリ
Re(6):PHV仕様ー4 リチウムイオン電池の耐久性 さとう2 11/11/7(月) 15:06 おじさん
Re(7):PHV仕様ー4 リチウムイオン電池の耐久性 かじ 11/11/7(月) 16:13 青プリ
Re(8):PHV仕様ー4 リチウムイオン電池の耐久性 ヒロ11 11/11/8(火) 0:05 アンパン
Re(9):PHV仕様ー4 リチウムイオン電池の耐久性 さとう2 11/11/8(火) 3:39 おじさん
Re(10):PHV仕様ー4 リチウムイオン電池の耐久性 ヒロ11 11/11/8(火) 16:06 アンパン

Re(3):PHV仕様ー4 リチウムイオン電池の耐久性
←back ↑menu ↑top forward→
青プリ  かじ  - 11/11/6(日) 22:22 -

引用なし
パスワード
   ▼ヒロ11さん:
>▼HV親父さん:
>>▼HVさん:
>>>3に続いての話ですが、燃費21キロは家の2台もほぼ同じ位です。
>>そこで問題なのがPHVの耐用年数?です(過走行&バッテリー&その他)
>>
>>バッテリーって何年、何万キロが基準なんでしょうか?
>>交換費用はいくら位なんでしょうか?
>>また、過走行による下取りって厳しいんでしょうね?
>>買ってもいないのに、5年で15万走る事を前提に考えてます(汗
>
>PHVに採用されたリチウムイオン電池は何千回くらい充放電が可能でしょうか。
>
>仮に7000回位とすると1日2回毎日充電で、365*2=730回 7000/730=9.5年で廃品となります。1日4回だと5年も持ちません。
>高価な電池ですの出来るだけ長く保たせたいです。
>
>「車の寿命は10年10万キロ」は大昔の話です。
こんばんは、途中からすみません。
まず、ハイブリッドの電池は、ハイブリッド走行で、燃費がそんなに落ちなければへたって来ても問題ないと考えられます。実際現行のニッケル水素は上限80%まで使いますが、半分になっても燃費はそんなに変わらない気がします。
しかし、電気自動車としてのバッテリーの容量低下=走行距離なので、容量50%以下では問題になりますので、70%ぐらいまで下がると、一応寿命と考えるのが妥当かなと思っています。

>仮に7000回位とすると1日2回毎日充電で、365*2=730回 7000/730=9.5年で廃品となります。1日4回だと5年も持ちません。
ヒロ11さんの書かれた1日2回はなかなか的を射ているような気がします。
トヨタも一般のユーザーが1年365日充電を2回するのが、最大値ぐらいの想定しているのではないか。
普通、営業で使うような車でない限り、1年を通せば、この半分くらいの充電回数でも多い方かもしれません(個人的な考えなので、もっと多いだろうって言わないでくださいね)。
これだと20年以上持つことになりますね。
車のECUは、充電回数や温度などの記録は全部取っているはずで、トヨタはクレームがあれば解析できるはずなのですが、初代プリウスからの対応を見ていますと、5年くらいでダメになったら、クレームで交換は可能ではないか(すみません、これも憶測です)。
トヨタとして初めての量産EVシステムなので、お客のデータはとっても貴重です。
5年もすると、電池の値段はもっと下がっていて、もっと小型で大容量へ転換って言うサービスも可能性があります。(有料でと思いますが)
なにしろ、EVの量産は始まったばかりで、メーカーもなにが起こるか、模索中ではないでしょうか。
とりとめのない話ですみません。

Re(4):PHV仕様ー4 リチウムイオン電池の耐久性
←back ↑menu ↑top forward→
おじさん  さとう2  - 11/11/7(月) 11:00 -

引用なし
パスワード
   ▼かじさん:
>しかし、電気自動車としてのバッテリーの容量低下=走行距離なので、容量50%以下では問題になりますので、70%ぐらいまで下がると、一応寿命と考えるのが妥当かなと思っています。

>これだと20年以上持つことになりますね。

スタッフマニュアルには「容量低下を抑制するポイント」という細心の注意を払っても5年で80%の容量と書かれています。
つまり年平均にすると4%ずつ容量が低下することになります。
70%まで容量が低下するのは7.5年後ですね。

7000回の充放電寿命という話は誤りと考えられます。

Re(5):PHV仕様ー4 リチウムイオン電池の耐久性
←back ↑menu ↑top forward→
青プリ  かじ  - 11/11/7(月) 14:14 -

引用なし
パスワード
    ▼さとう2さん:
>▼かじさん:
>>しかし、電気自動車としてのバッテリーの容量低下=走行距離なので、容量50%以下では問題になりますので、70%ぐらいまで下がると、一応寿命と考えるのが妥当かなと思っています。
>
>>これだと20年以上持つことになりますね。
>
>スタッフマニュアルには「容量低下を抑制するポイント」という細心の注意を払っても5年で80%の容量と書かれています。
>つまり年平均にすると4%ずつ容量が低下することになります。
>70%まで容量が低下するのは7.5年後ですね。
>
>7000回の充放電寿命という話は誤りと考えられます。

さとう2さん、お元気でしたか?
そうですね、7000回はどこから出た数字かは、判りません。

これは、三菱自動車のi-MiEV よくあるお問い合わせなんですが
h ttp://www.mitsubishi-motors.co.jp/reference/newmodelfaq/i-miev/4-1.html#09

電池の寿命はどのくらいですか?
i-MiEVの駆動用バッテリーに使用している大容量リチウムイオン電池は、一般的なリチウムイオン電池と同様に時間の経過や使用状況に伴い、電池容量が低下し、これに伴い航続可能距離が短くなります。
電池容量の低下は、バッテリーが元々持つ特性であり、故障等ではありません。
また、電池容量低下の割合は、車両の使用及び保管の状況・充電の仕方等によって変化するため、残存電池容量は、5年経過時で新車時の80%目安(10年で70%目安)と予測しておりますが、これを保証するものではありません。
特に、急な加減速・急速充電器の多用、酷暑地での使用、高温での車両保管等の場合は低下の割合が大きくなります。

三菱は目安ですが、70%を寿命と考えているような、回答です。
電池のへたりも直線的に下がるのではなく、曲線で下がるようですね。
トヨタは、急速充電はしない仕様にしているのは寿命を考えてのことでしょう。
電池は急速充電や過負荷(高電流負荷)、温度上昇で劣化しやすくなるので、それは避けることにしていると思われます。
過度な加速要求はエンジンへ切り替え、100km/h以上での走行はエンジンでと、電池寿命にはそうとう気を使っていると思われます。
まあ、充電回数もパラメーターとしてありますし、プリウスが10万キロ走ったとして、その何%を電気で走るかは、人によっても全然違うので、予測するのは本当に難しいです。

Re(6):PHV仕様ー4 リチウムイオン電池の耐久性
←back ↑menu ↑top forward→
おじさん  さとう2  - 11/11/7(月) 15:06 -

引用なし
パスワード
   ▼かじさん:
>また、電池容量低下の割合は、車両の使用及び保管の状況・充電の仕方等によって変化するため、残存電池容量は、5年経過時で新車時の80%目安(10年で70%目安)と予測しておりますが、これを保証するものではありません。

三菱はどういう計算で5年80%が10年70%と予測したのでしょうか?
何れにしてもかじさんが以前書かれた「20年以上持つ」という話は何処にも出て来ませんね。

>特に、急な加減速・急速充電器の多用、酷暑地での使用、高温での車両保管等の場合は低下の割合が大きくなります。

トヨタの言う5年80%は上記のような注意事項を遵守した値のようですよ。

>まあ、充電回数もパラメーターとしてありますし、プリウスが10万キロ走ったとして、その何%を電気で走るかは、人によっても全然違うので、予測するのは本当に難しいです。

トヨタの想定した5年80%はトヨタが標準と考える一定のEV走行とHV走行の比率からの算出でしょうね。
実際の傾向としたらEV走行比率の高い人は電池の劣化が促進されるでしょうしHV走行比率の高い人はガソリン使用量が増えてPHVのメリットが少なくなるでしょうね。

Re(7):PHV仕様ー4 リチウムイオン電池の耐久性
←back ↑menu ↑top forward→
青プリ  かじ  - 11/11/7(月) 16:13 -

引用なし
パスワード
   ▼さとう2さん:
>▼かじさん:
>何れにしてもかじさんが以前書かれた「20年以上持つ」という話は何処にも出て来ませんね。
しかし、本当に人の文章を読まない方ですね。
私は、”これだと20年持ちますね”と書いたわけで、20年持つと書いたわけでは無いですよ。前の文が無いと意味が、判らなくなります。
それに、人の書いた文章の一部だけ、持ってきて突っ込むやりかたは、2chでも嫌われますよ。
まあ、日本の新聞やテレビも、インタビューの一部だけ編集して、世論操作しているので、洗脳された国民が多いのもしかたがないですね。
この件は、これ以降スレが無駄なので、コメントしません。

Re(8):PHV仕様ー4 リチウムイオン電池の耐久性
←back ↑menu ↑top forward→
アンパン  ヒロ11  - 11/11/8(火) 0:05 -

引用なし
パスワード
   ▼かじさん:
>▼さとう2さん:
>>▼かじさん:
>>何れにしてもかじさんが以前書かれた「20年以上持つ」という話は何処にも出て来ませんね。
>しかし、本当に人の文章を読まない方ですね。
>私は、”これだと20年持ちますね”と書いたわけで、20年持つと書いたわけでは無いですよ。前の文が無いと意味が、判らなくなります。
>それに、人の書いた文章の一部だけ、持ってきて突っ込むやりかたは、2chでも嫌われますよ。
>まあ、日本の新聞やテレビも、インタビューの一部だけ編集して、世論操作しているので、洗脳された国民が多いのもしかたがないですね。
>この件は、これ以降スレが無駄なので、コメントしません。

ややや。。、ふたりとも仲のよいけんか友達みたいですネ (汗;)
発端は小生です。スイマセン<(_ _)>、かじスレ主さん。

さとう2さん>> 7000回は誤りですね。
そうです。誤りと云うか。。、仮の数値です。どこかで東芝?パナソニック?で6000回以上を可能にしている云々の記事をみたことがありました。
そこで、<PHVに採用されたリチウムイオン電池は何千回くらい充放電が可能>かご教示願いために、<例えば>の計算式を表示したまでです。

話を元に戻しますね。
さとう2さん>>年平均4%の容量低下、70%まで容量が低下するのは7.5年後ですね。
そうですか。バッテリー取扱を慎重にしていれば、大体、毎日1回位の充放電回数としてよろしいでしょうか。
しかし。。PHVバッテリーの特性をよく知っておかなければ、発売してから、いろんな苦情や意見がでそうな予感がしないでもないですね。

満を持して、やっと、リチウムイオン電池搭載車載がト○タが発売されることになったわけですし、これがなければ、誰かさんがおっしゃておられた「ただのプリウス」です。もっといろんな意見交換が欲しいですね。

Re(9):PHV仕様ー4 リチウムイオン電池の耐久性
←back ↑menu ↑top forward→
おじさん  さとう2  - 11/11/8(火) 3:39 -

引用なし
パスワード
   ▼ヒロ11さん:
>満を持して、やっと、リチウムイオン電池搭載車載がト○タが発売されることになったわけですし、これがなければ、誰かさんがおっしゃておられた「ただのプリウス」です。

重箱の隅になりますがリチウムイオン電池搭載車はプリウスαの7人乗りが既に発売されています。

Re(10):PHV仕様ー4 リチウムイオン電池の耐久性
←back ↑menu ↑top forward→
アンパン  ヒロ11  - 11/11/8(火) 16:06 -

引用なし
パスワード
   ▼さとう2さん:
>▼ヒロ11さん:
>>満を持して、やっと、リチウムイオン電池搭載車載がト○タが発売されることになったわけですし、これがなければ、誰かさんがおっしゃておられた「ただのプリウス」です。
>
>重箱の隅になりますがリチウムイオン電池搭載車はプリウスαの7人乗りが既に発売されています。

ありがとうございました。そうですね。αがありました。
EVとHVが絶妙なハーモニーで動く最初の車(PHV)。。、楽しみです。
本日、Dから11月末に正式カタログ、正式価格、受注開始だそうです。
どうしょうかな。。。

276 / 368 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.0.1) is Free