(SS)C−BOARD  アフターパーツ、DIY専門板
■ この掲示板はハイブリッドカー「プリウス」を愛する皆様の善意の投稿で成り立っております。
■ 掲示板利用の際には掲示板ご利用規約を必ずお読みください。削除要望、掲示板に関する御意見は
こちらへ

掲示板仕様変更のお知らせ:投稿者のメールアドレス記入が必須となりました(非表示可能)

他掲示板 => 総合 | α | 3X型 | 20型 | 初代1X型 | アクア(c) | PHV,EV | オフ会 | アフターパーツ | 要望提案 | 燃費

29 / 192 ツリー ←次へ | 前へ→

[記事表示] マフラー交換について hero 12/9/2(日) 20:30 アンパン

Re:マフラー交換について 白真珠っぷりα 12/9/6(木) 15:15 白プリ
Re:マフラー交換について すぴ。 12/9/11(火) 9:36 青プリ
Re:マフラー交換について 白真珠っぷりα 12/9/11(火) 17:13 白プリ

Re:マフラー交換について
白プリ  白真珠っぷりα  - 12/9/6(木) 15:15 -

引用なし
パスワード
   ▼すぴ。さん:

>HSIのエンジンが回っている方のエリアの真ん中あたりということは、上端の
>レッドゾーンとの境界を100%の位置とすると、75〜80%ほどの位置ということ
>でしょうか。
>回転数を2000〜3000回転付近を積極的に使うようにするとよさそうですね。
>
>加速するなら一気に加速した方がいいだろうと考えて、レッドゾーンまで入れて
>走ることが多いですが、ほどほどがよいということですよね。都市部で混雑して
>いると、一気に加速してその後は極力モーターでと思っても、すぐに減速せざる
>を得ないことも多いですし、一気に吹き上げる方が燃料消費が多くて、効果が
>あまり実感できないということかもしれませんね。

こんにちは

30型系とαのTHS2のシステムは似通ってる部分が多いようです。違う所と言えば、αの方が車体重量が多いため最高速のギア比を削り低速の加速ギア比を太くすることで30型と同等の加速力があるとされています。

それを踏まえて、30型乗りの皆さんのデータを参考にさせていただき、一番燃費のいいとされる加速方法はモーター走行で車速22〜3キロ程度までひっぱりその後エンジン走行切り替えるのですが、エンジン走行に切り替えるとアクセルを踏見込めば踏み込むほどエンジンの動力無駄を減らすためにTHS2が自動的にバッテリーへの回生を始めます。HSIの75%あたりになると今度は自動的にモーターからのパワーアシストが始まります。間違っていたらご指摘ください。

燃費と加速の両立を図るためには、その75%辺りがバッテリー回生からモーターアシストが始まる辺りで加速することが、加速と燃費のバランスが良いとされる走り方と思います。(αで言うとHSI上部6つある区切りのうち3つ表示させる感じです。ナビでエネルギーモニターが見れる環境があればよくわかると思います。)

ガナドールさんのHPを見る限り、αの場合2000回転前後が急にトルクが太くなっている数値と思いますので、THS2の燃費がいい走行とガナドールさんのトルクが上がるとされる領域が重なっているところが、一番燃費効率がいいのではないのかと私は推測いたします。

ちなみにすぴ。さんがレットゾーンとされるエコマークが付かない所までアクセルを一気に踏み込む走行は、瞬時に加速させるため踏み込む度合いにもよりますが、約3000回転〜5000回転辺りで中速トルク領域を使用していると思われますので、トルクの変化が感じられなかったのかもしれません。

はじめに書きましたように、αの高回転数領域は30型系に比べトルクが細いため高速走行の加速が伸び悩みます。高速道路を走っていると良くわかるかと思います。車速7〜80キロまではぐっと伸びますが100キロ辺りになると、おーいどしたー?ガンバレー!と言いたくなるくらい加速しなくなります。これも3000回転〜5000回転辺りを使用する走行です。

αの場合、むやみやたらに3000回転〜5000回転領域を使用することは、燃費を考える上では諸刃の剣と言うことなんですかね。。。加速もほどほどになっちゃいますから、、、ハイブリット車はタダでさえ高速走行は燃費が悪くなる上α君はトルクが細いと言うダブルパンチです(笑)

結構余談も重なりましたが、ご参考になれば〜
195 hits

Re:マフラー交換について
青プリ  すぴ。  - 12/9/11(火) 9:36 -

引用なし
パスワード
   白真珠っぷりαさん、こんにちは。

いろいろ教えて頂いて、どうもありがとうございます。
ガナドールのホームページでグラフを見直したり、ギア比のことを含め、
整理してみたところ、仰っていることが少しずつわかってきました。

先週末に少し実践してみようと思ったのですが、近場しか走る機会がなく、
おまけに道路は混み混み状態で、最適なところまでエンジンを回すのも
なかなかに難しかったです(^^;
次の遠出の時にチャレンジしてみたいと思います。

#今夏は近場でちょっとしか乗る機会がなく、しかも渋滞路ばかりなので、
#エアコンにエネルギーを食われて、燃費がどんどん悪化しているのが
#悲しいです。15km/Lを切りました。涙
246 hits

Re:マフラー交換について
白プリ  白真珠っぷりα  - 12/9/11(火) 17:13 -

引用なし
パスワード
   ▼すぴ。さん:
>白真珠っぷりαさん、こんにちは。
>
>いろいろ教えて頂いて、どうもありがとうございます。
>ガナドールのホームページでグラフを見直したり、ギア比のことを含め、
>整理してみたところ、仰っていることが少しずつわかってきました。
>
>先週末に少し実践してみようと思ったのですが、近場しか走る機会がなく、
>おまけに道路は混み混み状態で、最適なところまでエンジンを回すのも
>なかなかに難しかったです(^^;
>次の遠出の時にチャレンジしてみたいと思います。
>
>#今夏は近場でちょっとしか乗る機会がなく、しかも渋滞路ばかりなので、
>#エアコンにエネルギーを食われて、燃費がどんどん悪化しているのが
>#悲しいです。15km/Lを切りました。涙


こんにちは!

すぴ。さんのお返事を読んでいて、わたくし「はっ!」と大事なことを思い出しまして、お返事いたしました。
ガナドールの効果の発揮を実感できる大きい要因としてもう一つ、連続走行距離も挙げられます。

ガナドールマフラーさんのHP参照
αでは燃費11.5%UPと記されております。実験の総走行距離(休憩あり)を確認すると151.1km走行しているとの事、正直そこまで連続走行していなくとも燃費アップは実感できると思いますが・・・、かといって5キロ〜10キロほどの連続走行では単純に計算しても誤差程度の燃費アップにしかならないので、実感が無いと感じてしまう方が多いのではないのでしょうか。

少なくともメーターリセットし、連続走行距離20キロ以上でしたらTHS2の本当の実力が見えてくると思います。私の場合片道50キロの道のりを連続走行する機会が多いので、メーター燃費計で29.7〜9km/L辺りが限界だった燃費がマフラー交換後に全く同じ道で31.2〜5km/L辺りと約10%燃費向上することができました。私も5キロや10キロのチョイ乗りですと燃費は音を立てて脆くも崩れていきます。

わたしの片道50キロの走行環境では田んぼ道を走行します。平坦で信号も少なく平均速度50〜70キロで走行できる道ですので、燃費をかせげるのにもってこい!!な環境なのだと思います。いつもメーターリセットしてから約20キロほど連続走行したところで、燃費計の数値のふらつきが落ち着いてくることから、私はいつもその辺りで燃費の比較・検証をしておりました。

ほかにも色々な測定法はあるとは思いますが、ガナドールマフラーの燃費向上の検証をするには、少なくとも連続走行20キロ以上を走行して頂くことをお勧めいたします。もちろん以前書きました走行法の上でのお話ですので事あしからず。

また、ごちゃごちゃと長文になりましたが、燃費向上に少しでもご参考になればと思います。


追伸 渋滞は恐怖ですね!エアコンを付けてると尚更。早く外気温が22〜3℃辺りのエアコン不要時期になってほしいものですネ。
289 hits

29 / 192 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.0.1) is Free