燃費&ガソリン価格 報告専門板
(車種、形式、ガソリンは消費税込価格を入れてください)
■ この掲示板はハイブリッドカー「プリウス」を愛する皆様の善意の投稿で成り立っております。
■ 掲示板利用の際には掲示板ご利用規約を必ずお読みください。削除要望、掲示板に関する御意見は
こちらへ

掲示板仕様変更のお知らせ:投稿者のメールアドレス記入が必須となりました(非表示可能)
【お知らせ】迷惑投稿対策として、燃費専門板の禁止ワードに「http://」を設定しました。投稿の際はご注意ください。(by管理人)

他掲示板 => 総合 | α | 3X型 | 20型 | 初代1X型 | アクア(c) | PHV,EV | オフ会 | アフターパーツ | 要望提案 | 燃費

7 / 130 ツリー ←次へ | 前へ→

[記事表示] 30型で1000mile 10/9/9(木) 22:22 ペンギン

Re:30型で1000mile いたさん 10/9/18(土) 18:32 白プリ
Re:30型で1000mile さとう2 10/9/19(日) 3:32 おじさん
Re:30型で1000mile 10/9/19(日) 9:29 ペンギン
Re:30型で1000mile いたさん 10/10/5(火) 13:43 白プリ

Re:30型で1000mile
白プリ  いたさん  - 10/9/18(土) 18:32 -

引用なし
パスワード
   ▼8さん:
>▼さとう2さん:
>>>日本で一番標高の高いガソリンスタンドを調べて、
>>>そこまでドライブ。
>>>そこで満タンにして
>>>帰る。このルートなら、
>>>1000マイルを、達成できるのでは。
>>>
>>>もう実践した方が、いるのでは。
>>
>>一般的に知られている日本で一番標高の高いガソリンスタンドは長野・群馬県境の渋峠にあります。標高は2152mです。
>>そこで給油して挑戦した人もいるようです。
>
>渋かぁ・・
>ここ、降り始めてすぐ回生放棄がでて、長野側だとモーター駆動開始ポイントまで降りたら、そこが街で動力一杯使わなければいけないんよねぇ〜(笑)
>群馬側だと記憶が薄いのですが、小スパンの猛烈なアップダウンがあったんじゃなかったけなぁ・・・観光地もあったような・・・
>
>>標高差2000mで得られるエネルギー差は僅か数L分のガソリン量と同等です。
>
>お得度、1〜2Lぐらいかなぁ・・・(^_^;)

お疲れ様です。
2152mとは高いですが、そこからのアップダウンは
ちょっときついですね。
これからは、紅葉の時期ですし、観光とセットで
行けたらいですね。

滑空後の加速(75%)時の瞬間燃費ですが、
プリウス特有走法で1、50→30km/hまで滑空して加速する場合
           瞬間燃費は、10kmを下回り徐々に上がる。

         2、60→40km/hまで滑空して加速する場合
           瞬間燃費は、10kmを下回らない徐々に上がる。
  
1、の走法の方が、結果的に燃費が良いのですが詳しく数字が
分からないので、しらべてもらいたいです。

燃費監督があったらわかるのかな。

Re:30型で1000mile
おじさん  さとう2  - 10/9/19(日) 3:32 -

引用なし
パスワード
   ▼いたさんさん:
>1、の走法の方が、結果的に燃費が良いのですが詳しく数字が
>分からないので、しらべてもらいたいです。

1000milerの平均速度を拝見すると35km/h前後が多いですね。

>燃費監督があったらわかるのかな。

当たり前の事ながら速度範囲はスピードメーターで判ります。
30型なので平均速度も標準の燃費計に表示されます。
燃費走行のキモは如何にエンジン停止走行(滑空・弱モーター走行)の比率を高めるかに依存します。
燃費監督やM−1はエンジン走行比率を表示してくれます。
エンジン走行比率が30%以下(エンジン停止走行比率70%以上)で走行出来れ1000milerの仲間入りが可能でしょう。
#尚エンジン走行比率35%程度の1000milerもいます。

Re:30型で1000mile
ペンギン    - 10/9/19(日) 9:29 -

引用なし
パスワード
   ▼いたさんさん:
>これからは、紅葉の時期ですし、観光とセットで
>行けたらいですね。

観光の車に邪魔されてベスト(と思われる)な運転がまったくできなかったりして・・・(^_^;)

>滑空後の加速(75%)時の瞬間燃費ですが、
>プリウス特有走法で1、50→30km/hまで滑空して加速する場合
>           瞬間燃費は、10kmを下回り徐々に上がる。
>
>         2、60→40km/hまで滑空して加速する場合
>           瞬間燃費は、10kmを下回らない徐々に上がる。
>  
>1、の走法の方が、結果的に燃費が良いのですが詳しく数字が
>分からないので、しらべてもらいたいです。

私の最近のテーマだ。(笑)
今わかっていることは、(あくまでも20型ですよ・・・)
30km/h、40km/hどちらのエンジン点火でも、加速要求量(アクセル踏み込み量)が変わらなければ、エンジン回転が少々違っても燃料噴射時間にほとんど変化がありません。
つまり、単位燃料噴射時間に対する進行距離の差が出ているという事。

そして、1のほうがトータルとして燃費が良い理由は、多分、電費がいいのは40km/h巡航より30km/h巡航のほうが良いから。
の、はず。はず、はず・・・。(^^;)
#瞬間電流値は30km/hのほうが少ないです

>燃費監督があったらわかるのかな。

燃料噴射時間は、監督でわかるのかなぁ・・・
20型用監督はわかりません。
私はM−1の数値を見ています。
30型用は20型用と画面デザインが変わっているようですので知りません。

Re:30型で1000mile
白プリ  いたさん  - 10/10/5(火) 13:43 -

引用なし
パスワード
   ご無沙汰していました。
プリウス特有走法を教えていただいた結果の報告です。
走行距離:1182.5km
平均燃費32.0km/L
平均速度34km/h
満タン給油量40.0L

通勤時は、流れに合わせ、帰宅時(夜中)に特有走法の生活は、
少し大変でしたが、
第一目標であった満タン1000kmは突破することが出来ました。
ありがとうございました。
やはり1000マイルは、まだまだ遠いです。
冬タイヤに交換する前にもう一度挑戦しようと思います。
今回は、不要な荷物+30kgほど載っていましたし、
スペアータイヤも、降ろして、ソーラーパネル分の重量の
差を少しでも軽くしたいですが、気分の問題かなぁ・・・

最近は、ゆっくり走る反動からか、滑空とか、何も考えず、60km/h以上出しますがやはり燃費は悪いです。23km/hぐらいです。

▼8さん:
>>滑空後の加速(75%)時の瞬間燃費ですが、
>>プリウス特有走法で1、50→30km/hまで滑空して加速する場合
>>           瞬間燃費は、10kmを下回り徐々に上がる。
>>
>>         2、60→40km/hまで滑空して加速する場合
>>           瞬間燃費は、10kmを下回らない徐々に上がる。
>>  
>>1、の走法の方が、結果的に燃費が良いのですが詳しく数字が
>>分からないので、しらべてもらいたいです。
>
>私の最近のテーマだ。(笑)
>今わかっていることは、(あくまでも20型ですよ・・・)
>30km/h、40km/hどちらのエンジン点火でも、加速要求量(アクセル踏み込み量)が変わらなければ、エンジン回転が少々違っても燃料噴射時間にほとんど変化がありません。
>つまり、単位燃料噴射時間に対する進行距離の差が出ているという事。


アクセル一定で速度が落ちた場合瞬間燃費が下がりその通りでした。

▼さとう2さん:

当たり前の事ながら速度範囲はスピードメーターで判ります。
30型なので平均速度も標準の燃費計に表示されます。
燃費走行のキモは如何にエンジン停止走行(滑空・弱モーター走行)の比率を高めるかに依存します。
燃費監督やM−1はエンジン走行比率を表示してくれます。
エンジン走行比率が30%以下(エンジン停止走行比率70%以上)で走行出来れ1000milerの仲間入りが可能でしょう。
#尚エンジン走行比率35%程度の1000milerもいます。

とりあえず、燃費監督やM−1はエンジン走行比率を表示してくれます。
という、武器がないので、数を口ずさんで 凌ぎます。(‘▽')/

7 / 130 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.0.1) is Free